小児科医師数|年次統計

 

小児科医師数

厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査から小児科医師数の年次推移。

小児科医師数の実数(-青線-)の推移を見ると1955年から緩やかに増え、1981年の35,455人をピークに減少している。1970年代の一県一医大構想以降、倍増している医師数とは対照的な結果だ。

一方、15歳以下人口10万人あたり医師数(-赤線-)は、医師数が減少する1981年以降も増えている。医師数の減少以上に、15歳以上人口が減少しているため、相対的に10万人あたり医師数が増えているためだ。

また、1997年以降は小児科医の減少幅が大きくなり、15歳以下人口10万人あたり医師数は横ばいになっている。

1977年から2010年にかけての単位人口あたり医師数の変化は

総医師数 121人→230人(90%増)
小児科医師数 117人→180人(54%増)

となっており、医師の増加にくらべて小児科医の増加は鈍い。これが小児科医不足につながっているようだ。
    :推計値     :出典から引用した値
小児科医師数最大値を
100とした
比率
小児科医師数
(15歳未満人口10万人あたり)
最大値を
100とした
比率
2010 (平22)30,344人85.6180.20人99.1
2009 (平21)30,177人85.1177.41人97.6
2008 (平20)30,009人84.6174.72人96.1
2007 (平19)30,509人86.0176.43人97.1
2006 (平18)31,009人87.5177.87人97.8
2005 (平17)31,580人89.1180.24人99.1
2004 (平16)32,151人90.7181.30人99.7
2003 (平15)32,429人91.5181.12人99.6
2002 (平14)32,706人92.2180.68人99.4
2001 (平13)33,143人93.5181.28人99.7
2000 (平12)33,580人94.7181.78人100.0
1999 (平11)33,822人95.4180.46人99.3
1998 (平10)34,064人96.1178.73人98.3
1997 (平9)34,405人97.0177.66人97.7
1996 (平8)34,745人98.0176.50人97.1
1995 (平7)34,126人96.3170.51人93.8
1994 (平6)33,506人94.5164.13人90.3
1993 (平5)33,669人95.0161.55人88.9
1992 (平4)33,832人95.4158.36人87.1
    :推計値     :出典から引用した値
小児科医師数最大値を
100とした
比率
小児科医師数(15歳未満人口10万人あたり)最大値を
100とした
比率
1991 (平3)34,218人96.5156.22人85.9
1990 (平2)34,603人97.6153.89人84.7
1989 (平1)34,648人97.7149.35人82.2
1988 (昭63)34,692人97.8144.64人79.6
1987 (昭62)34,653人97.7140.00人77.0
1986 (昭61)34,614人97.6136.09人74.9
1985 (昭60)34,820人98.2133.75人73.6
1984 (昭59)35,026人98.8132.15人72.7
1983 (昭58)34,884人98.4129.64人71.3
1982 (昭57)34,742人98.0127.48人70.1
1981 (昭56)35,455人100.0128.45人70.7
1980 (昭55)33,286人93.9121.01人66.6
1979 (昭54)33,237人93.7120.15人66.1
1978 (昭53)33,247人93.8119.99人66.0
1977 (昭52)32,509人91.7117.57人64.7
1976 (昭51)32,421人91.4117.93人64.9
1975 (昭50)32,747人92.4120.30人66.2
1974 (昭49)32,606人92.0121.44人66.8
1973 (昭48)32,465人91.6122.76人67.5
1972 (昭47)32,323人91.2124.46人68.5
    :推計値     :出典から引用した値
小児科医師数最大値を
100とした
比率
小児科医師数(15歳未満人口10万人あたり)最大値を
100とした
比率
1971 (昭46)32,182人90.8127.86人70.3
1970 (昭45)32,041人90.4127.39人70.1
1969 (昭44)31,902人90.0129.68人71.3
1968 (昭43)31,763人89.6130.06人71.5
1967 (昭42)31,625人89.2129.53人71.3
1966 (昭41)31,486人88.8128.40人70.6
1965 (昭40)31,347人88.4122.79人67.5
1964 (昭39)30,982人87.4121.07人66.6
1963 (昭38)30,617人86.4115.90人63.8
1962 (昭37)30,251人85.3110.92人61.0
1961 (昭36)29,886人84.3106.48人58.6
1960 (昭35)29,521人83.3103.82人57.1
1959 (昭34)28,952人81.7103.00人56.7
1958 (昭33)28,383人80.199.54人54.8
1957 (昭32)27,813人78.496.21人52.9
1956 (昭31)27,244人76.892.62人51.0
1955 (昭30)26,675人75.289.52人49.2
    :推計値     :出典から引用した値

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

保健・医療 記事一覧

facebook

twitter

中の人のメインアカウント サイト以外の話題多し

google+

姉妹サイト


様々な統計の年次変化を比較。

人気記事

新着記事