第1子出産年齢|年次統計

 

第1子出産年齢

国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料集から第1子出産年齢の年次推移。ここでは第1子を出産した女性の平均年齢を比較している。

一番古い1950年の第1子出産年齢は24.83歳。概ね右肩上がりで上昇し、2012年には29.58歳になっている。

よく見ると1963年〜1974年にかけての第2次ベビーブーム前後と、第2次ベビーブームで生まれた子どもが出産適齢期にさしかかる1997年〜2002年にかけては出産年齢があまり上昇していない。若い女性の出産が増えて、平均年齢を押し下げたと思われる。
データ出典 人口問題研究所
    :推計値     :出典から引用した値
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
2012 (平24)29.58歳100.0
2011 (平23)29.37歳99.3
2010 (平22)29.26歳98.9
2009 (平21)29.12歳98.4
2008 (平20)28.94歳97.8
2007 (平19)28.86歳97.6
2006 (平18)28.71歳97.1
2005 (平17)28.61歳96.7
2004 (平16)28.49歳96.3
2003 (平15)28.33歳95.8
2002 (平14)28.12歳95.1
2001 (平13)28.03歳94.8
2000 (平12)28.00歳94.7
1999 (平11)27.99歳94.6
1998 (平10)27.98歳94.6
1997 (平9)27.94歳94.5
1996 (平8)27.88歳94.3
1995 (平7)27.76歳93.8
1994 (平6)27.66歳93.5
    :推計値     :出典から引用した値
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
1993 (平5)27.53歳93.1
1992 (平4)27.38歳92.6
1991 (平3)27.24歳92.1
1990 (平2)27.16歳91.8
1989 (平1)27.05歳91.4
1988 (昭63)26.92歳91.0
1987 (昭62)26.80歳90.6
1986 (昭61)26.66歳90.1
1985 (昭60)26.52歳89.7
1984 (昭59)26.40歳89.2
1983 (昭58)26.32歳89.0
1982 (昭57)26.25歳88.7
1981 (昭56)26.17歳88.5
1980 (昭55)26.07歳88.1
1979 (昭54)26.02歳88.0
1978 (昭53)25.95歳87.7
1977 (昭52)25.87歳87.5
1976 (昭51)25.74歳87.0
1975 (昭50)25.66歳86.7
1974 (昭49)25.61歳86.6
    :推計値     :出典から引用した値
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
1973 (昭48)25.63歳86.6
1972 (昭47)25.68歳86.8
1971 (昭46)25.77歳87.1
1970 (昭45)25.82歳87.3
1969 (昭44)25.86歳87.4
1968 (昭43)25.88歳87.5
1967 (昭42)25.87歳87.5
1966 (昭41)25.81歳87.3
1965 (昭40)25.89歳87.5
1964 (昭39)25.96歳87.8
1963 (昭38)25.96歳87.8
1962 (昭37)25.85歳87.4
1961 (昭36)25.75歳87.1
1960 (昭35)25.60歳86.5
1959 (昭34)25.53歳86.3
1958 (昭33)25.50歳86.2
1957 (昭32)25.42歳85.9
1956 (昭31)25.26歳85.4
1955 (昭30)25.14歳85.0
1954 (昭29)25.03歳84.6
    :推計値     :出典から引用した値
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
1953 (昭28)24.98歳84.4
1952 (昭27)24.93歳84.3
1951 (昭26)24.88歳84.1
1950 (昭25)24.83歳83.9
    :推計値     :出典から引用した値

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

家庭・子育て 記事一覧

facebook

twitter

中の人のメインアカウント サイト以外の話題多し

google+

姉妹サイト


様々な統計の年次変化を比較。

人気記事

新着記事