PC版
年次統計
トップ > 家庭・子育て > 第1子出産年齢
第1子出産年齢
このエントリーをはてなブックマークに追加
第1子出産年齢
国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料集から第1子出産年齢の年次推移。ここでは第1子を出産した女性の平均年齢を比較している。

一番古い1950年の第1子出産年齢は24.83歳。概ね右肩上がりで上昇し、2012年には29.58歳になっている。

よく見ると1963年〜1974年にかけての第2次ベビーブーム前後と、第2次ベビーブームで生まれた子どもが出産適齢期にさしかかる1997年〜2002年にかけては出産年齢があまり上昇していない。若い女性の出産が増えて、平均年齢を押し下げたと思われる。
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
201229.58歳100.0
201129.37歳99.3
201029.26歳98.9
200929.12歳98.4
200828.94歳97.8
200728.86歳97.6
200628.71歳97.1
200528.61歳96.7
200428.49歳96.3
200328.33歳95.8
200228.12歳95.1
200128.03歳94.8
200028.00歳94.7
199927.99歳94.6
199827.98歳94.6
199727.94歳94.5
199627.88歳94.3
199527.76歳93.8
199427.66歳93.5
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
199327.53歳93.1
199227.38歳92.6
199127.24歳92.1
199027.16歳91.8
198927.05歳91.4
198826.92歳91.0
198726.80歳90.6
198626.66歳90.1
198526.52歳89.7
198426.40歳89.2
198326.32歳89.0
198226.25歳88.7
198126.17歳88.5
198026.07歳88.1
197926.02歳88.0
197825.95歳87.7
197725.87歳87.5
197625.74歳87.0
197525.66歳86.7
197425.61歳86.6
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
197325.63歳86.6
197225.68歳86.8
197125.77歳87.1
197025.82歳87.3
196925.86歳87.4
196825.88歳87.5
196725.87歳87.5
196625.81歳87.3
196525.89歳87.5
196425.96歳87.8
196325.96歳87.8
196225.85歳87.4
196125.75歳87.1
196025.60歳86.5
195925.53歳86.3
195825.50歳86.2
195725.42歳85.9
195625.26歳85.4
195525.14歳85.0
195425.03歳84.6
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
第1子出産年齢最大値を
100とした
比率
195324.98歳84.4
195224.93歳84.3
195124.88歳84.1
195024.83歳83.9
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
データ出典 人口問題研究所
このエントリーをはてなブックマークに追加
■ 家庭・子育て 記事一覧
■ 新着記事 ■