PC版
年次統計
トップ > 人口 > 男女比
男女比
2013-2-5 | 人口
このエントリーをはてなブックマークに追加
男女比
総務省統計局日本の長期統計系列から日本の男女比の年次統計。ここでは女性100に対する男性の比率を調べている。男性が100なら男女同数、男性が90なら女性が多く、男性が110なら男性が多いと言える。

1872年から1919年までは内閣統計局の推計、1920年以降は国勢調査人口または国勢調査人口を基準とする人口推計から人口を取得している。ただし、2006年以降は長期統計系列と人口推計の数値が異なっており、ここでは人口推計の数値を使用している。

また、1941年から1946年までは推計値である。男女とも人口が直線的に変化したと推計して計算しており、実際は男性比がもう少し下がっていると思われる。なお1945年から1970年の数値には沖縄県は含まれていない。この他の細かい内容は出典をご覧いただきたい。

データを見ると統計が始まった明治4年は女性100に対して男性が103で男性が多い。その後、数値は下がりつづけ、1937年に男女比が逆転し、女性が多くなっている。その後の戦争期間中は男女比が急激に変化し、女性が多くなっている。男性が戦死などで減少したためと思われる。

一方、出生時男女比を見ると統計開始以来大きな変化はない。出生児の男女比が変わらないのに、総人口における男女比が変わったのは、男性よりも女性の寿命が延び、高齢女性が増えたためと思われる。
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
201194.7791.9
201094.8292.0
200994.9592.1
200895.0792.2
200795.1592.3
200695.2392.4
200595.3192.5
200495.3792.5
200395.4792.6
200295.5692.7
200195.7292.9
200095.8393.0
199995.9393.1
199896.0293.2
199796.1193.2
199696.1693.3
199596.2293.4
199496.2893.4
199396.3893.5
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
199296.4493.6
199196.4693.6
199096.4893.6
198996.5393.7
198896.5793.7
198796.5993.7
198696.6393.8
198596.6693.8
198496.7293.8
198396.7793.9
198296.8093.9
198196.8393.9
198096.8594.0
197996.8694.0
197896.8894.0
197796.9094.0
197696.9094.0
197596.9194.0
197496.7693.9
197396.5993.7
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
197296.4493.6
197196.3993.5
197096.4393.6
196996.4293.5
196896.4193.5
196796.4093.5
196696.4093.5
196596.4393.6
196496.4493.6
196396.4593.6
196296.4693.6
196196.4893.6
196096.5093.6
195996.5493.7
195896.5593.7
195796.5793.7
195696.5893.7
195596.5893.7
195496.5593.7
195396.5293.6
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
195296.4593.6
195196.3793.5
195096.2893.4
194996.0593.2
194895.7492.9
194795.3992.5
194695.6092.8
194595.8092.9
194496.0193.2
194396.2193.3
194296.4293.5
194196.6293.7
194096.8393.9
193997.4394.5
193897.8795.0
193798.9496.0
1936100.2697.3
1935100.6297.6
1934100.8297.8
1933100.7797.8
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
1932100.8397.8
1931101.0498.0
1930101.0398.0
1929101.0298.0
1928100.9798.0
1927100.9998.0
1926101.0098.0
1925100.9798.0
1924100.8997.9
1923100.8197.8
1922100.7397.7
1921100.5697.6
1920100.4597.5
1919100.6297.6
1918100.6197.6
1917100.6797.7
1916100.7097.7
1915100.6897.7
1914100.6697.7
1913100.6697.7
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
1912100.6197.6
1911100.5497.5
1910100.4797.5
1909100.4097.4
1908100.4997.5
1907100.6697.7
1906100.6897.7
1905100.9698.0
1904101.1198.1
1903101.1398.1
1902101.1198.1
1901101.0798.1
1900101.1798.2
1899101.2498.2
1898101.3898.4
1897101.4898.5
1896101.6198.6
1895101.7698.7
1894101.8198.8
1893101.8498.8
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
1892101.8898.8
1891101.9798.9
1890102.0599.0
1889102.0899.0
1888102.0999.0
1887102.1199.1
1886102.2099.2
1885102.2399.2
1884102.3299.3
1883102.3999.3
1882102.4499.4
1881102.5199.5
1880102.5999.5
1879102.6799.6
1878102.7499.7
1877102.8599.8
1876102.8899.8
1875102.9399.9
1874102.9899.9
1873103.05100.0
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
男女比最大値を
100とした
比率
1872103.07100.0
    :推計値 
    :出典から引用した値
比率:最大値を100としたときの比率。
このエントリーをはてなブックマークに追加
■ 人口 記事一覧
■ 新着記事 ■