サラリーマン月給|年次統計

 

サラリーマン月給

厚生労働省の賃金構造基本統計調査からサラリーマン月給の年次推移。

サラリーマンとは従業員10人以上の企業や役所の一般労働者(フルタイム労働者)のことで、月給には時間外勤務手当や家族手当などの手当も含まれる。また、手取額ではなく、所得税、社会保険料などを控除する前の額である。2009年以降は短時間労働者の給与も調査対象となったが、過去のデータとの整合性を保つため、ここでは一般労働者の賃金推移を比較している。

月給の調査が始まった1958年(昭和33年)の平均月給は16608円。その後、60年代後半から月給が急激に増えて、1974年(昭和49年)に10万円を突破、1981年(昭和56年)に20万円を突破した。1992年(平成4年)に30万円を超えたあたりから上昇カーブが緩やかになり、2001年(平成13年)の33万4800円をピークに横ばいから下落傾向となっている。
    :推計値     :出典から引用した値
サラリーマン月給最大値を
100とした
比率
2012 (平24)326,000円97.4
2011 (平23)324,600円97.0
2010 (平22)323,600円96.7
2009 (平21)319,300円95.4
2008 (平20)329,500円98.4
2007 (平19)331,900円99.1
2006 (平18)332,700円99.4
2005 (平17)331,600円99.0
2004 (平16)331,600円99.0
2003 (平15)331,300円99.0
2002 (平14)330,900円98.8
2001 (平13)334,800円100.0
2000 (平12)331,300円99.0
1999 (平11)327,300円97.8
1998 (平10)325,900円97.3
1997 (平9)327,900円97.9
1996 (平8)322,500円96.3
1995 (平7)317,500円94.8
1994 (平6)313,300円93.6
    :推計値     :出典から引用した値
サラリーマン月給最大値を
100とした
比率
1993 (平5)305,600円91.3
1992 (平4)301,600円90.1
1991 (平3)295,900円88.4
1990 (平2)283,800円84.8
1989 (平1)269,300円80.4
1988 (昭63)257,600円76.9
1987 (昭62)249,500円74.5
1986 (昭61)243,800円72.8
1985 (昭60)237,400円70.9
1984 (昭59)228,900円68.4
1983 (昭58)219,900円65.7
1982 (昭57)213,100円63.6
1981 (昭56)203,200円60.7
1980 (昭55)191,700円57.3
1979 (昭54)179,100円53.5
1978 (昭53)169,000円50.5
1977 (昭52)158,400円47.3
1976 (昭51)143,900円43.0
1975 (昭50)131,000円39.1
1974 (昭49)115,200円34.4
    :推計値     :出典から引用した値
サラリーマン月給最大値を
100とした
比率
1973 (昭48)92,800円27.7
1972 (昭47)76,000円22.7
1971 (昭46)66,100円19.7
1970 (昭45)58,400円17.4
1969 (昭44)48,900円14.6
1968 (昭43)43,200円12.9
1967 (昭42)36,200円10.8
1966 (昭41)33,100円9.9
1965 (昭40)30,300円9.1
1964 (昭39)27,200円8.1
1963 (昭38)25,234円7.5
1962 (昭37)22,894円6.8
1961 (昭36)20,021円6.0
1960 (昭35)18,458円5.5
1959 (昭34)17,354円5.2
1958 (昭33)16,608円5.0
    :推計値     :出典から引用した値

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

経済 記事一覧

facebook

twitter

中の人のメインアカウント サイト以外の話題多し

google+

姉妹サイト


様々な統計の年次変化を比較。

人気記事

新着記事