合計特殊出生率|年次統計

 

合計特殊出生率

国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料集から合計特殊出生率の年次推移。

合計特殊出生率とは一人の女性が一生で何人の子どもを産むかを表した数値。実際にはその年のデータから計算するので毎年変動している。

一番古い1925年の合計特殊出生率は5.1人で、当時の女性は一生に5.1人の子どもを産んだ計算になる。その後、戦中まで4人台を維持していたが、1950年代以降急減し、1960年には2人となった。丙午の66年に一時的に下がるが、それ以降も右肩下がりとなり、近年は1.5人を下回る状態が続いている。近年に限れば2005年の1.26人を境に上昇基調となっている。

次に、子どもの出生順位別の合計特殊出生率を見てみよう。



これを見ると第1子の出生率は0.7〜0.8前後で横ばいとなっており、一生のうちに第1子を産む数はあまり変わっていない。つまり、1950年代から現代まで、子どもを産む女性の割合は変わらないということになる。第2子を見ても0.5〜0.8ぐらいで大きくは下がっていない。

一方、第3子は1950年代には0.6だったのが、近年は0.15前後と1/4に低下。第4子以降に至っては1.2から0.04まで大きく減少している。

このことから、合計特殊出生率が低下したのは、子どもを産まない女性が増えたからではなく、第3子以降を産まなくなったからと言えそうだ。

他要素との相関を見ると、乳児死亡率とは正の相関となっており、乳幼児死亡率が下がると合計特殊出生率も下がっている。



乳児が死ななくなったので、第3子以降を産まなくなったとも言えそうだ。
    :推計値     :出典から引用した値
合計特殊出生率最大値を
100とした
比率
2012 (平24)1.41人27.6
2011 (平23)1.39人27.3
2010 (平22)1.39人27.3
2009 (平21)1.37人26.9
2008 (平20)1.37人26.9
2007 (平19)1.34人26.3
2006 (平18)1.32人25.9
2005 (平17)1.26人24.7
2004 (平16)1.29人25.3
2003 (平15)1.29人25.3
2002 (平14)1.32人25.9
2001 (平13)1.33人26.1
2000 (平12)1.36人26.7
1999 (平11)1.34人26.3
1998 (平10)1.38人27.1
1997 (平9)1.39人27.3
1996 (平8)1.43人28.0
1995 (平7)1.42人27.8
1994 (平6)1.50人29.4
    :推計値     :出典から引用した値
合計特殊出生率最大値を
100とした
比率
1993 (平5)1.46人28.6
1992 (平4)1.50人29.4
1991 (平3)1.53人30.0
1990 (平2)1.54人30.2
1989 (平1)1.57人30.8
1988 (昭63)1.66人32.5
1987 (昭62)1.69人33.1
1986 (昭61)1.72人33.7
1985 (昭60)1.76人34.5
1984 (昭59)1.81人35.5
1983 (昭58)1.80人35.3
1982 (昭57)1.77人34.7
1981 (昭56)1.74人34.1
1980 (昭55)1.75人34.3
1979 (昭54)1.77人34.7
1978 (昭53)1.79人35.1
1977 (昭52)1.80人35.3
1976 (昭51)1.85人36.3
1975 (昭50)1.91人37.5
1974 (昭49)2.05人40.2
    :推計値     :出典から引用した値
合計特殊出生率最大値を
100とした
比率
1973 (昭48)2.14人42.0
1972 (昭47)2.14人42.0
1971 (昭46)2.16人42.4
1970 (昭45)2.13人41.8
1969 (昭44)2.13人41.8
1968 (昭43)2.13人41.8
1967 (昭42)2.23人43.7
1966 (昭41)1.58人31.0
1965 (昭40)2.14人42.0
1964 (昭39)2.05人40.2
1963 (昭38)2.00人39.2
1962 (昭37)1.98人38.8
1961 (昭36)1.96人38.4
1960 (昭35)2.00人39.2
1959 (昭34)2.04人40.0
1958 (昭33)2.11人41.4
1957 (昭32)2.04人40.0
1956 (昭31)2.22人43.5
1955 (昭30)2.37人46.5
1954 (昭29)2.48人48.6
    :推計値     :出典から引用した値
合計特殊出生率最大値を
100とした
比率
1953 (昭28)2.69人52.7
1952 (昭27)2.98人58.4
1951 (昭26)3.26人63.9
1950 (昭25)3.65人71.6
1949 (昭24)4.32人84.7
1948 (昭23)4.40人86.3
1947 (昭22)4.54人89.0
1946 (昭21)4.48人87.8
1945 (昭20)4.42人86.7
1944 (昭19)4.36人85.5
1943 (昭18)4.29人84.1
1942 (昭17)4.23人82.9
1941 (昭16)4.17人81.8
1940 (昭15)4.11人80.6
1939 (昭14)4.17人81.8
1938 (昭13)4.23人82.9
1937 (昭12)4.29人84.1
1936 (昭11)4.35人85.3
1935 (昭10)4.41人86.5
1934 (昭9)4.46人87.5
    :推計値     :出典から引用した値
合計特殊出生率最大値を
100とした
比率
1933 (昭8)4.52人88.6
1932 (昭7)4.58人89.8
1931 (昭6)4.64人91.0
1930 (昭5)4.70人92.2
1929 (昭4)4.78人93.7
1928 (昭3)4.86人95.3
1927 (昭2)4.94人96.9
1926 (昭1)5.02人98.4
1925 (大14)5.10人100.0
    :推計値     :出典から引用した値

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

家庭・子育て 記事一覧

facebook

twitter

中の人のメインアカウント サイト以外の話題多し

google+

姉妹サイト


様々な統計の年次変化を比較。

人気記事

新着記事