男女比|年次統計

 

男女比

このエントリーをはてなブックマークに追加
総務省統計局日本の長期統計系列から日本の男女比の年次統計。ここでは女性100に対する男性の比率を調べている。男性が100なら男女同数、男性が90なら女性が多く、男性が110なら男性が多いと言える。

1872年から1919年までは内閣統計局の推計、1920年以降は国勢調査人口または国勢調査人口を基準とする人口推計から人口を取得している。ただし、2006年以降は長期統計系列と人口推計の数値が異なっており、ここでは人口推計の数値を使用している。

また、1941年から1946年までは推計値である。男女とも人口が直線的に変化したと推計して計算しており、実際は男性比がもう少し下がっていると思われる。なお1945年から1970年の数値には沖縄県は含まれていない。この他の細かい内容は出典をご覧いただきたい。

データを見ると統計が始まった明治4年は女性100に対して男性が103で男性が多い。その後、数値は下がりつづけ、1937年に男女比が逆転し、女性が多くなっている。その後の戦争期間中は男女比が急激に変化し、女性が多くなっている。男性が戦死などで減少したためと思われる。

一方、出生時男女比を見ると統計開始以来大きな変化はない。出生児の男女比が変わらないのに、総人口における男女比が変わったのは、男性よりも女性の寿命が延び、高齢女性が増えたためと思われる。
男女比
2011 (平23)94.77
2010 (平22)94.82
2009 (平21)94.95
2008 (平20)95.07
2007 (平19)95.15
2006 (平18)95.23
2005 (平17)95.31
2004 (平16)95.37
2003 (平15)95.47
2002 (平14)95.56
2001 (平13)95.72
2000 (平12)95.83
1999 (平11)95.93
1998 (平10)96.02
1997 (平9)96.11
1996 (平8)96.16
1995 (平7)96.22
1994 (平6)96.28
1993 (平5)96.38
1992 (平4)96.44
1991 (平3)96.46
1990 (平2)96.48
1989 (平1)96.53
1988 (昭63)96.57
1987 (昭62)96.59
1986 (昭61)96.63
1985 (昭60)96.66
1984 (昭59)96.72
1983 (昭58)96.77
1982 (昭57)96.80
1981 (昭56)96.83
1980 (昭55)96.85
1979 (昭54)96.86
1978 (昭53)96.88
1977 (昭52)96.90
1976 (昭51)96.90
1975 (昭50)96.91
1974 (昭49)96.76
1973 (昭48)96.59
男女比
1972 (昭47)96.44
1971 (昭46)96.39
1970 (昭45)96.43
1969 (昭44)96.42
1968 (昭43)96.41
1967 (昭42)96.40
1966 (昭41)96.40
1965 (昭40)96.43
1964 (昭39)96.44
1963 (昭38)96.45
1962 (昭37)96.46
1961 (昭36)96.48
1960 (昭35)96.50
1959 (昭34)96.54
1958 (昭33)96.55
1957 (昭32)96.57
1956 (昭31)96.58
1955 (昭30)96.58
1954 (昭29)96.55
1953 (昭28)96.52
1952 (昭27)96.45
1951 (昭26)96.37
1950 (昭25)96.28
1949 (昭24)96.05
1948 (昭23)95.74
1947 (昭22)95.39
1946 (昭21)95.60
1945 (昭20)95.80
1944 (昭19)96.01
1943 (昭18)96.21
1942 (昭17)96.42
1941 (昭16)96.62
1940 (昭15)96.83
1939 (昭14)97.43
1938 (昭13)97.87
1937 (昭12)98.94
1936 (昭11)100.26
1935 (昭10)100.62
1934 (昭9)100.82
1933 (昭8)100.77
男女比
1932 (昭7)100.83
1931 (昭6)101.04
1930 (昭5)101.03
1929 (昭4)101.02
1928 (昭3)100.97
1927 (昭2)100.99
1926 (昭1)101.00
1925 (大14)100.97
1924 (大13)100.89
1923 (大12)100.81
1922 (大11)100.73
1921 (大10)100.56
1920 (大9)100.45
1919 (大8)100.62
1918 (大7)100.61
1917 (大6)100.67
1916 (大5)100.70
1915 (大4)100.68
1914 (大3)100.66
1913 (大2)100.66
1912 (大1)100.61
1911 (明43)100.54
1910 (明42)100.47
1909 (明41)100.40
1908 (明40)100.49
1907 (明39)100.66
1906 (明38)100.68
1905 (明37)100.96
1904 (明36)101.11
1903 (明35)101.13
1902 (明34)101.11
1901 (明33)101.07
1900 (明32)101.17
1899 (明31)101.24
1898 (明30)101.38
1897 (明29)101.48
1896 (明28)101.61
1895 (明27)101.76
1894 (明26)101.81
1893 (明25)101.84
男女比
1892 (明24)101.88
1891 (明23)101.97
1890 (明22)102.05
1889 (明21)102.08
1888 (明20)102.09
1887 (明19)102.11
1886 (明18)102.20
1885 (明17)102.23
1884 (明16)102.32
1883 (明15)102.39
1882 (明14)102.44
1881 (明13)102.51
1880 (明12)102.59
1879 (明11)102.67
1878 (明10)102.74
1877 (明9)102.85
1876 (明8)102.88
1875 (明7)102.93
1874 (明6)102.98
1873 (明5)103.05
1872 (明4)103.07
    :推計値 

この記事を見た人はこちらも見ています

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

人口 記事一覧

facebook

twitter

中の人のメインアカウント サイト以外の話題多し

google+

様々な統計の年次変化を比較。

人気記事

新着記事